1泊2日ということなので、スーツケースは機内に持ち込めるサイズのタイプを選ぶと便利です。あとはリュックやショルダーバッグなどに分けてそれぞれ持ちましょう。

ビーチでくつろぐ女性

『防寒対策』

ディズニーランドは水を使ったアトラクションもあり、11月ですと夜はかなり冷え込みます。ヒートテックのタートルと薄手のダウンジャケット、ニット帽、手袋、タイツやレギンス、ネックウォーマー、カイロなど防寒対策はしっかりしていきましょう。

多すぎるかなと思うくらいで大丈夫です。

『雨対策』

並んだりアトラクションに乗るときにいちいち邪魔になる傘よりも身動きの取りやすいレインコートが断然おすすめです。ディズニーランドでも売られていますが高価なので用意しておきましょう。

ジェットスターを予約する方法や持ち込みについて
ジェットスター航空券予約|格安航空券サイト 国内航空券の最安値検索は空旅.com
■URL:https://www.soratabi.com/jjp/

レインコートは可能な限りポンチョタイプがいいです。リュックの上からかぶせることができて荷物も濡れません。足元が冷えるのが心配であればレインパンツも用意するといいですね。

100円ショップでも売っています。

『いざというときのために』

通信機器の充電器、エチケット袋、酔い止め、頭痛や腹痛の薬は必ず持ちましょう。アトラクションの混み具合を調べるにもスマホは活用できます。

充電が切れてしまうとかなり不便なので意識しましょう。子供連れで行く場合、旅行でテンションが上がって体調を崩すことが多くあります。

ディズニーランドまでのバスやタクシーだけではなくアトラクションでも酔うことが考えられるので、エチケット袋や薬は欠かせません。

嫌な思い出とならないように備えましょう。

『暇つぶしに』

アトラクションの行列に並ぶ際、漫画や3DSがあると子供もストレスなく並べます。子連れでの旅行には必須アイテムです。ホテルはコンビニが併設されているところも多いので食べ物は最低限のみに抑えましょう。

『お土産を入れるために』

お土産が意外とかさばります。あちらから送ることもできますが持ち帰る分を考えるならそれに備えましょう。ショルダーが付いたタイプやリュックタイプで折りたためるバッグだと荷物にならずに便利です。